│LANDMADE(ランドメイド)について│

LANDMADE(ランドメイド)とは?

神戸・三ノ宮からポートライナーに乗って約8分、みなとじま駅から歩いてすぐのところに2016年6月8日「LANDMADE(ランドメイド)」がオープンしました。

毎日夕方になると近所の子ども達が100円を握りしめ、「いつものちょうだい」と、こどもコーヒー(100円)を買いに来てくれます。100円のうち10円をその場でお返しし、子どもたちの手によって「チャイルド・ケモ・ハウス」への募金をしてもらっています。

 

「チャイルド・ケモ・ハウス」は同じポートアイランド内にある小児がん専門治療施設です。小児がんを初めとした医療的ケアが必要な子どもたちが、家族と共に家のような環境で治療が受けられる施設です。店長の上野は、2014年に骨髄移植のドナーとして入院した病院でその存在を知りました。小児がんは、医療の進歩により7~8割の長期生存率となりました。しかし、治療中の生活はあまり改善されてきたとはいえません。隣の患者さんとカーテン一枚で仕切られた、わずか2坪の病室では、ひそひそ声での会話ばかりで過ごすなど、ストレスを抱えながらの生活が長期間続きます。大きな病気になったから、たくさんのことをあきらめて周りに気を遣い続け、家族にまで申し訳ないと思い続ける。

「かあさん、家に帰りたい」「病気になって、ごめん」

子どもたちのそんな切実な言葉を受け、「子どもは社会で支える」というみんなの思いが募ってできたのがチャイルド・ケモ・ハウスです。「理不尽を社会で解決したい」というチャイルド・ケモ・ハウスの姿勢は、生産者を守ることにもつながるスペシャルティコーヒーの取り組みと深くリンクし、少しでも近くで支援したいという思いが神戸ポートアイランドでのスタートを決意させました。

│LANDMADE代表・焙煎士│

上野  真人(うえの  まさと)兵庫県神戸市 出身

20代前半、コーヒーの勉強の為、大阪にあるイタリアンバールでバリスタとして働く。カフェの知識は増えたものの、肝心の原料(コーヒー豆)に対する知識が全くないことに気付き、イタリアンバールを退職し、原料・焙煎について学ぶことを決意。

 

㈱マツモトコーヒー(神戸市兵庫区)に入社。取り扱っているコーヒー生豆の生産国に毎年赴き、生産者と話し合い、共に高品質のコーヒー豆の生産に取り組むスペシャルティコーヒーを専門とする会社であるマツモトコーヒーが大きな転機となる。

 

入社直後から焙煎業務に8年間従事。2013年10月に「カップオブエクセレンス」を主催するACE(ALLIANCE FOR COFFEE EXCELLENCE)開催の焙煎トレーニングを受講。日本人での受講は3名のみ。その内容をもとにオリジナルのメソッドをつくり上げ、2014年1月より、100社以上の焙煎指導を行う。著名なシェフやパティシエ達と商品開発も行う。

 

一般消費者向けセミナー「神戸珈琲学」の初回講師を担当。第2回より、デモレーターとして企画から携わり、現在、第3回まで行われており、全ての新聞社に取り上げられている。

 

・Qグレーダー(SCAA/CQI認定Qグレーダー)2012年 取得。 ※Qグレーダーとは、米国スペシャルティコーヒー協会が定めた基準・手順にのっとって、コーヒーの品質を評価することができる、コーヒー豆鑑定技能者の国際認定資格です。

 

・SCAJ審査員 ※SCAJとは、日本スペシャルティコーヒー協会のことです。

 

株式会社LANDMADE
(ランドメイド)

〒650-0046 神戸市中央区港島中町3丁目1-2-14
Tel&Fax: 078-954-5077

営業時間:11:00-19:00
定休日:日曜・月曜

Maii : coffee@landmade-kobe.com
URL:http://www.landmade-kobe.com

ポートライナーみなとじま駅から徒歩3分/中公園駅から徒歩5分

※専用駐車場ございます!